データ復旧の早さも進化してる|時代の流れと共に

大切なデータを復元

ノートPC

パソコンがクラッシュしてしまった場合は、データ復元を利用すると、その時に諦めなくて済むようになります。また、今後の動向予測は宅配によるデータ復元サービスが、地方に住んでいる方に人気となってくるでしょう。

More...

存在感を増す復旧業者

会社

急成長の分野

1990年代以降急速に発展してきたIT業界やその関連分野の中でも、重要度の高さから近年特に存在感を高めているのはデータ復旧センターです。日本全国の企業や施設の職場で無数と言っていいほどのパソコンが仕事に使われています。パソコンの性能はここ10年ほどの間で大きく向上しました。中でもハードディスクの容量は飛躍的に増大し、容量不足の問題も以前よりは少なくなっています。しかしながらハードディスクが故障する問題は発生し得るので、壊れたハードディスクから大事なデータを取り出す専門業者はどうしても必要になるのです。対応するデータ復旧センターの側でも技術力は大きく進歩しています。RAIDシステムやNASサーバーのデータ復旧など難易度の高いケースでも、現在の最先端技術なら解決可能となっているのです。

増え続けている需要

パソコンの普及がますます進んでいる現状では、データ復旧センターの存在感は今後もますます高まっていくと予測されます。故障したハードディスクからデータを救済する技術が著しく向上しており、昔であれば考えられなかったような破損例からのデータ復旧も可能になってきました。扱う事例も一般的なパソコンばかりとは限りません。複数のOSを共存させてネットワークを構成することも可能なNASサーバーが故障した場合、従来のハードディスク修理やデータ復元作業の知識だけでは対応できないものです。規模が大きいデータ復旧センターほどそうした問題も解決できるだけの態勢を整備しています。復旧を依頼する場合でも、そうした大規模の業者を選んだ方がデータを復元できる確率が高いものなのです。データ復旧センターを探すのであれば、料金だけに注目するのではなく、実績やアフターケアがどの程度充実しているかにも注目しておくのが良いでしょう。また、幾つかの業者からプラン提案をしてもらい、複数の人でどのプランが良いのか検討することも重要です。

RAIDシステムの復旧

パソコン

パソコンやネットワークシステムの故障でデータの復元が必要になった場合、データ復旧センターによってはRAIDシステムの復旧にも対応してくれます。RAIDの復旧は難易度が高いため、データ復旧センターのHPでRAIDに関する記述があるかどうかを事前に確認することが重要です。

More...

企業サーバの集約拠点

システム

データセンターは企業のネットワーク内に存在するサーバを一元管理できる設備です。複数拠点に分けれている場合など自社にサーバ設備を構築するよりコスト的に安くすることが可能になっています。万一の災害時にも安心できる構造になっています。

More...